【カテゴリーゲーム】×【しりとりゲーム】+【スピード/早押しクイズ】

=【少し頭を使いつつニコニコ楽しいワードパーティーゲーム】

 

「芸能人」「キャラクター」「色」「チェーン店」「八文字」

などのカテゴリーが書かれたカード50枚で【しりとり】を遊ぶワードゲームです。

古今東西でワードバスケットをやるようなイメージです。

例えば、「あらいぐ」と言いながら「動物」のカードを出し、

ツコデラックス」と言いながら「芸能人」もしくは「カタカナ語」のカードを出し、

最初に手持ちのカードを無くした人の勝ち、というゲームです。

 

ちなみに、カードを裏面にすれば、

「主人公名」「ヒロイン名」「ガンダムのMS」「ジブリ関連」や

「巨大ロボの名前」「作品中で死亡したキャラ名」「アナログゲーム」や

「アニメ映画名」「スポーツ漫画名」「必殺技名」「怪獣名」

などのオタク版でも遊べます!

例えば、「ヒットマン」と言いながら「アナログゲーム」のカードを出し、

ンタンク」と言いながら「ガンダムのMS」のカードを出し、

最初に手持ちカードを無くしたら勝ちです。
 

また、文字数を決めて言葉を作る別ゲームも遊べます。

プレーする前にみんなで文字数を決め、

その文字数でカード内のカテゴリーの言葉をいち早く言えた人の勝ち、という

フラッシュワードやワードスナイパー的なゲームです。

例えば、「六文字」の「スポーツ」で「セパタクロー」などの言葉を、

「十文字」の「映画」で「アナと雪の女王」などの言葉をいち早く言えたら

そのカードをゲットで、6枚以上集めたら勝ちです。

「作品中に死亡したキャラ」や「必殺技」を誰よりも早く言えた時の爽快感!

 

カテトリーはワードスナイパーを遊んでいる時に

「これでワードバスケットをやってみたらどうなるか」で思いついたのですが、

調べてみたら類似ゲームにピタンゴというゲームがあるので、違いを説明しておきます。

ピタンゴは【連想ゲーム】×【ワードバスケット】なゲームで、

「強い」や「美しい」などの「形容詞」のカードから連想する言葉を作り、

それでしりとりをするゲームです。

「犬」といいながら「強い」のカードを出したり、

「雲」といいながら「美しい」のカードを出したり、

微妙な言葉になることがあり、それ判定するためにイエローカードがあります。

それに対し、カテトリーは【連想ゲーム】ではなく

【古今東西】と【ワードバスケット】を組み合わせたようなゲームです。

「色」や「水中生物」などの「カテゴリー」の中で言葉を作って、

それでしりとりをするゲームです。

なので、イエローカードが必要な微妙な言葉が少なく、

「映画」や「マンガ」や「アニメ」など、

みんなが好きなもので遊ぶゲームになり、

「それ、あったなあ」「それ、よく出てきたな」「おれもそれ好き」など、

「懐かしさ」「驚き」「共感」が生まれやすいゲームです。